池袋店ブログ

あの夏の思い出 2009.09.15

皆様こんにちは花
今年も夏が終わりつつ、暦もだんだんと秋に近づいている今日この頃ですが
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今年のはどうでしたか・!?
に行ったりに行ったりバーベキューしたり花火で騒いたりびっくりキラキラYと沢山の夏の思い出をつくれましたでしょうかアップロードファイル手書き風シリーズ矢印上
さて、今回はそんな夏休み時期に外でエンジョイして髪の毛がダメージしてしまった
とゆう方々についてちょいとしたお勉強会をしたいと思います!!
まず、
Q:髪はなんでダメージしてしまうの?
A:髪の毛のダメージ要素としては3つの原因があります
その1 紫外線
その2 乾燥
その3 外部的衝撃(カラー、パーマなどお薬を使ったりアイロン、摩擦などによるダメージ)
この3つの要素が髪の毛に起こるダメージの原因と言われています。
Q:この夏、に行ったら髪の毛がバッサバサになってしまったうーむなんで!?
A:お答えしましょう!!
太陽光線に含まれる紫外線は、毛髪の成分であるタンパク質を変性させ
「シスチン」という成分を減少させます。
この「シスチン」が減少した毛髪は正常な毛髪より
アルカリ溶解度が増加しダメージを受けやすくなります!
また海水はキューティクルをゆるませ、保護力をダウンさせてしまいます!
海水に濡れ、しかも紫外線を浴びる海水浴は
毛髪に海水紫外線のダブルダメージを与える
最悪のコンディションといえますがっくり手書き風シリーズ矢印下
また、ごわごわになってしまう原因としては、そのダメージした髪の毛の中に
+α海水塩の結晶キラキラYが入ってしまったからなんですね
海水浴の直後は、シャワーでしっかりと海水を洗い流し、紫外線防止効果毛髪保護効果のあるスタイリング剤で必ずケアをしましょうファイトキラキラY
夏場太陽2はこうした紫外線の影響がとてつもなく影響する季節でしたが
これからの時期は「乾燥」がダメージの原因になりますので気を付けてください!
健康な毛髪は12~13%の水分を保持しており、最大35%まで水分を保持できます。
毛髪の水分が7%を下回ると、
表面のキューティクルがカラカラになって剥がれ、切れ毛やさけ毛、折れ毛、枝毛となって
髪のダメージが表面化します。さらに傷ついた部分から、毛髪の内部の水分まで出ていってしまい、さらにダメージが進んでしまいますガーンアップロードファイル
乾燥時期に静電気で髪の毛が膨れ上がってきてしまっているなぁ、と思っていたら
すでに水分不足です涙汗
こうしたダメージを防ぐためにはご自宅でのホームケア♪
リンス、トリートメントでしっかりと髪を保湿し、ドライヤーで乾かす前には洗い流さないトリートメントで水分を逃がさないように保護してあげましょう!
また、お出掛けされる前も洗い流さないトリートメントワックスなどつけて頂くと
乾燥予防には効果的ですGOOD
すでにダメージが気になっているようでしたら、当店自慢のトリートメントキラキラYのご用意もしておりますので一度お越し下さい!
お待ちしております!!

未分類

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件