池袋店ブログ

俺は誰よりも強くそして・・・美しい! 2012.01.24

皆さん コンニチハ。 何の縁か再び池袋に舞い降りたARROWSの国士無双こと林です。

今日のブログは北斗シリーズ其の弐です。

其の壱が気になる方は東川口店の今から約一年前に投稿されたブログをご覧あれ

今日皆さんに言いたいことはヒトという種が持つ嫉妬心、 所謂【ジェラシー】について。

皆さんは北斗の拳に出てくる南斗六聖のうちの妖星を持つ男『ユダ』を御存じだろうか?

存じねー方は今すぐブックオフ行って立ち読みしてきて下さい。

でもそんな人の為にザックリとユダについて説明致しますと

拳速に優れ、その衝撃波からの斬撃に長じる南斗紅鶴拳の伝承者であり 、大して美しくもない自身の美と知略を誇るナルシスト野郎なのです。

顔はこんなんです

この過剰すぎるナルシスっぷりゆえか、修行時代に同じ南斗六聖であるレイの南斗水鳥拳の技の美しさを目の当たりにしたユダは思わずともレイを美しいと感じてしまい自分よりも美しいものは認めませんよとばかりにレイに対して猛烈な憎悪を抱くようになります。殺したいと思うほどに・・・

作中で色々とあってユダはレイに決闘の末にやられてしまうんですがユダが抱いていた憎悪が愛情と羨望の裏返しであったことを告白し、レイの胸に抱かれて静かに息を引き取ります。

ハイ、そこのあなた。  こんなことゲンジツじゃ有りえんと思っていらっしゃいませんか。

こんな事はなくてもこの様な事はリアルに起きているんです!

例えば自分の愛する夫が不倫をしていてその不倫相手に自分にはない若さ、艶めかしさがあったとしたら

その相手をこの世から消してしまいたいと思う精神状態に追いやられてしまうのかもしれません。

そんなの昼ドラだけの出来事と笑っているそこの奥様!

これは笑い事じゃーございません。

意外とゲンジツに起きてます。

というか私が何を物申したいかというと嫉妬心というのはみっともなくも誰しもが抱く感情であるワケなんですが

それを隠すように誰かを傷付けたり陥れようとしたりなんてせずにその相手を自分よりある種上手だと認めてしまえば

良いのです。もしどうしてもそれが気に入らないのなら正攻法で自分が相手より上回れるように気合い入れるか

相手にはない自分の素晴らしさに磨きをかければよいのです。

‐感情は絶対的である。そのうちでも嫉妬はこの世で最も絶対的な感情である。

                                  byドストエフスキー 【人妻とベットの下の夫】より

_

その他

コメントの投稿

 ニックネーム(必須)

 メールアドレス(非公開)

 ウェブサイト

コメント

コメント一覧  0件