WORRY お悩み別スタイル

市販のカラー剤を買って染めたのですが美容師さんに、「ホームカラーはおすすめできない」と言われました。サロンでしてもらうカラーとどう違うんですか?

市販されているカラー剤は、だいたいがアルカリ性のカラー剤です。
アルカリカラー剤の効果は大きくわけて、
●髪の色を明るくするブリーチ効果
●好みの色に染める効果
があります。

まず、市販のカラー剤とサロンのカラー剤では、同じアルカリ性のカラー剤でも、
ブリーチ効果に違いがあります。
市販のカラー剤は、ブリーチする際の薬の強さが一種類しかなく、法律で制限された上限に近い
強いものが多いです。
そうすると明るくしなくていい場所も、同じ薬でブリーチしてしまうと、必要以上に髪を傷めてしまう可能性もありま

す。サロンのカラー剤は、ブリーチ効果の強さも、強いものから弱いものまで種類が多いので、プロのスタイリストが

判断して根元と毛先で使い分けるなど、髪の最低限のダメージに抑えることができます。

他にも、サロンのカラー剤は色の種類が多い上に、混ぜてもヘンな色にならないように作られているので、
何通りもの色を作ることが可能です。アルカリ性のカラー剤以外にも、マニキュアやトナー、草木染めや酸性カラーな

ど、目的に応じて色々なカラー剤を使い分けているのでそれぞれにあったカラー剤を選ぶことができます、仕上がった

色や質も変わってきますよ。

美容のプロがあなたのお悩みにお電話でお答えします。 03-6454-3601 平日9:00?18:00