WORRY お悩み別スタイル

髪を乾かすたびにパサつきが気になります。

自然乾燥、タオルドライ、ドライヤーなど、髪を乾かす方法はいろいろありますが
髪を傷めない本当の乾かし方はどうやればいいんでしょうか?
正しい乾かし方を覚えてキレイな髪を手に入れましょう!

●髪を傷めない乾かし方は?

まず、自然乾燥はオススメできません!
濡れた髪はキューティクルが開いた状態なのでとても傷みやすくなっています。
ドライヤーで乾かせばキューティクルが閉まり、髪にとって必要な水分を保護してくれるのです!
シャンプー後に乾かさずにいると、キューティクルの隙間から必要な水分まで蒸発してしまいます。
これを続けているとカサカサとした砂漠状態の乾燥毛になってしまうので注意してくださいね。

●ドライヤーの正しい使い方はある?

ドライヤーを使うと髪が傷むと思われがちですが、それは乾かしすぎているからです。
髪を100%乾かしてしまうと、髪に残った余熱で必要な水分まで蒸発しすぎてしまいます。
髪質にもよりますが、8割ほど乾いた時点でドライヤーを止めるといいでしょう。
そうすることによって水分が残りツヤのある綺麗な仕上がりになります。

 

美容のプロがあなたのお悩みにお電話でお答えします。 03-6454-3601 平日9:00?18:00