WORRY お悩み別スタイル

カラーを長持ちさせてたい!どうしたらいいの?

せっかくキレイなカラーに仕上がったから長持ちさせたい!
みなさんそう思いますよね。
カラーを長持ちさせるにはホームケアが一番大切。
カラの仕組みとお手入れを大公開します!

●そもそもどうやってカラーリングしているの?

まずカラー剤に入っているアルカリ剤というものが、
髪の表面を覆っているキューティクルを開きます。、
開いている内に内部に染料を浸透させ髪に色をつけます。

●何で色って抜けるの?

カラーの色落ちのことを「褪色(たいしょく)」といいます。
褪色してしまうのは、染料が髪の内部にはずっと留まることが
できずに外に流れ出てしまうからです。

●「褪色」を防ぐには?

褪色を防ぐにはダメージを抑えて、トリートメントなどで
キューティクルや髪の内部のケアをきちんと行う事。
キューティクルや内部の栄養をきちんと補えば、
カラーの色素が抜けにくい髪になっていくはずです。

●カラー当日のケアは?

 

カラーをした当日は染料が抜けないように、 カラーの大敵、

「水分」 「熱」 「アルカリ」を避け事が大切です。

○当日はシャンプーなど水分をなるべく避ける

○当日はドライヤーやコテなど熱を避ける

○当日は海やプールには入らない様にアルカリを避ける

まずは上記を気を付けてみましょう。

●毎日のケア

カラー長持ちさせる1番いい方法は
極端に言ってしまえば「髪を洗わない」

でも、実際問題そんなわけにはいきません。

その時はカラーヘア用のシャンプーやトリートメントを使い、
洗い方も気をつけることです。

ヘアカラー用のシャンプー、トリートメントを使う。
※カラーリング後数日は、酸性、あるいは弱酸性タイプのシャンプーがよい。
(髪を引き締め色素の流出をさけるため)

ドライヤーで乾かしすぎない。
(髪の水分量を保つため)

スタイリング剤のつけすぎに注意する。
(洗髪時に時間がかかりカラーが褪色する。)

サロンで、おすすめシャンプーやトリートメントを聞いてみましょう。

美容のプロがあなたのお悩みにお電話でお答えします。 03-6454-3601 平日9:00?18:00